Top > 古くても田舎でもいいので一軒家

古くても田舎でもいいので一軒家

一軒家を選んだ理由は、生まれたころから阪神淡路大震災で被災するまでの間、古い一軒家に住んでいたのですが、住んでいる頃は、雨戸にコウモリが住んでいたり、古いので老化が激しく、老化がきしむたびに嫌な思いをしていました。 ところが、被災し近隣の県営住宅に住んでみると、最初は、綺麗で頑丈なマンションで安心していたのですが、やはり古く、メンテナンスが面倒な古いおうちを見ると、倒壊した自宅を思い出し、涙が出そうになります。 もう20年も前になってしまったにも関わらず、県営住宅に住んでいるままでは、まだ被災者感が家族に残っており、いつかまた一軒家に住んでのんびり小さな狭い庭で野菜を作ったり、縁側でぼんやししたり、あのあたりまでだった無駄なような時間を過ごしたいと思ってしまいます。 老後はものすごい田舎でも構わないので、一軒家でまた、犬や猫に囲まれ、のんびり暮らしたいと思います。 そのため、メンテナンスが楽で、出来ればセキュリティ対策がきちんとされている一軒家に住みたいと思います。 http://xn--xck0d2a9bc2114cgbiqkf0zaj04atzuqrk.xyz
関連エントリー